公開日: |更新日:

インプラントの医療費控除

インプラントの治療費用に対して、医療費控除の対象になるか、算定方法、申告方法についてまとめたので、参考にしてください。

インプラントは医療費控除の対象になるのか?

そもそも医療費控除とは、1年間に支払った医療費が一定の金額を超えた場合に、所得控除が受けられる制度のことをいいます。年間の医療費負担を軽減する目的で、所定期間に税務署へ簡単な手続きをすることで、所得総額と治療費に応じた金額が還付される仕組みです。

総所得と医療費合計によって対象になる場合も

世帯の総所得と年間医療費によっては、インプラント治療で支払った金額からお金が戻ってくる場合があります。大まかな目安として1年間(同じ年の1月1日~12月31日)に支払った医療費が、10万円以上支払った場合(総所得が200万未満は、所得の5%)、医療費控除の対象となります。

領収書は必ず保管しておきましょう

インプラント治療費用は高額になるため、分割で支払う方が一般的です。 分割で支払った場合は、1年間に支払う金額が10万円未満の年もありえます。 しかし、医療費が発生した年(ローンを組んだ年)に、かかった医療費総額が医療費控除 の対象となるので、領収書は大切に保管しておいてください。

「生計を一にする配偶者や親族」、つまり生計を同一としている家族の医療費をまとめて申請することが可能なのです。 同居していなくても、生計を同一としていれば対象となるので、10万円を超えるか計算してみてください。

控除額の算出方法と申告方法

控除額の算出方法

医療費控除は、納税義務者本人または本人と生計を一にする親族が、一年間に支払った医療費が総所得に応じた基準額を超えた場合に、控除対象となります。

算定に必要な項目

  1. 支払った医療費・交通費の総額
  2. 保険金で補てんされた金額
  3. 10万円(総所得が200万未満は、所得の5%)

控除対象かの確認

1-2-3=医療費控除額<200万円

還付金

医療費控除の還付金は、所得(所得税率)によって異なります。同じ金額をインプラント費用として支払っていたとしても、戻ってくる金額はその人によって違ってきます。

控除額の申告方法

医療費控除を受けるには、大前提として「申告制」の還付制度です。たとえ還付対象者だったとしても、自分で所定期間に確定申告を行う必要があり、未申告の場合は権利が失効されるので注意してください。

医療費控除の申告は、該当する医療機関に支払った領収書と、通院にかかった交通費の合計を計算します。所定の申告書に記載して提出すると、後日、支払決定通知書が届き、指定口座に還付金が振り込まれます。

RECOMMENDED
インプラント治療医院を選ぶ際にチェックするとよい医師の専門性、設備の充実、治療費の掲載に該当する西宮市の歯科クリニックをピックアップ。ここでは国際的なインプラント資格であるICOI・ISOI・日本口腔インプラント学会のいずれかを保有していることを「医師の専門性」の基準としています。

長谷川歯科医院

長谷川歯科医院のHPキャプチャ

引用元:長谷川歯科医院公式HP
https://www.hasegawa418dc.com/

治療費
40万円~
アクセス
阪急西宮北口徒歩1分
専門性
国際口腔インプラント学会 認定医・指導医(日本支部理事)
設備
CT完備/専用オペ室
痛みへの配慮
静脈内鎮静法

公式HPで無料相談してみる

TEL:0798-67-8660

電話で相談してみる
9:30〜12:30/
14:30〜19:30
※水・土は17:30まで

なかの歯科クリニック

なかの歯科クリニックのHPキャプチャ

引用元:なかの歯科クリニック公式HP
https://www.implant-kobe.org/

治療費
40万円~
アクセス
西宮駅北口から徒歩1分
専門性
日本口腔インプラント学会専門医・指導医
設備
歯科専用CT(コンビーフタイプ)・専用オペ室
痛みへの配慮
麻酔

公式HPで無料相談してみる

TEL:0798-69-0601

電話で相談してみる
9:30~13:00/14:30~18:30
※土曜は14:30~17:00

サイトウ歯科

サイトウ歯科のHPキャチャ

引用元:サイトウ歯科公式HP
https://saitodental.jp/

治療費
36万円~
アクセス
門戸厄神駅から徒歩1分
専門性
日本口腔インプラント学会専門医・指導医
設備
歯科用CT・専用オペ室
痛みへの配慮
笑気麻酔

公式HPで相談してみる

TEL:0798-57-2631

電話で相談してみる
9:30~12:30/15:30~19:00
※土曜は15:30~19:00

【選出基準】「西宮 インプラント」とGoogle検索で調べて上位30位以内に公式サイトが出てきた医院のうち、専門性(国際的なインプラント資格であるICOI・ISOI・日本口腔インプラント学会のいずれかを保有)・治療費の掲載・設備(CT)が確認できた3院を選出(2023.11.06時点)
※「痛みへの配慮」は麻酔自体が痛みへの配慮になるため、ここでは選出基準から除外しています。
※治療費は歯1本あたりの金額(オペ代+上部構造+検査代)です

■インプラント治療とは:歯周病等が原因で歯を失った場合に行われ、あご骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法のことです。インプラントの治療法は様々な種類があり、当サイトで紹介している治療法はあくまでも一例になります。口腔の状況によって治療方法も大きく変わるため、治療前に必ず担当医師にご相談をお願いします。
■費用相場と治療期間:インプラントは基本的には自由診療です。費用相場は「精密検査・受診料金」が約15,000~50,000円。「インプラント外科手術費用」が約100,000~385,000円。「人工歯の費用」約100,000~150,000円です。また、インプラントの一般的な治療期間は、骨量が十分にある場合は約3~6ヵ月。骨量が少ない場合は、骨造成を手術前に行う必要があるため、さらに3~9カ月ほど必要になります。
1人ひとりの症状や、クリニックの方針などにより、費用や期間は異なります。詳細は各クリニックに直接お問い合わせください。
■副作用・リスク:インプラント治療のリスクは、金属アレルギーの恐れおよび合併症があります。合併症はインプラント周囲炎、上部構造のトラブル、上顎洞炎(副鼻腔炎)、神経麻痺(下歯槽神経麻痺など)、インプラントの上顎洞内迷入などで、特に感染が問題になっています。不安な点については各クリニックに直接ご相談ください。
■未承認医療機器について:インプラント治療で使用されるインプラント器具の中には、厚生労働省未承認の器具を用いる場合があります。入手経路、国内承認医薬品の有無、安全性に関する情報などは、治療に使用する器具やインプラント、それぞれのクリニックによってによって異なりますので、詳細は医師に直接ご確認をお願いします。

関連ページリンク